黒い砂漠 フレンドとできることまとめ

黒い砂漠

190606:「影の戦場」というコンテンツは廃止されたので削除しました。

 

黒い砂漠はキ〇ト君が好きそうなソロプレイ向きのゲームなので

フレンドと一緒にプレイしてキャラクターが強くなるコンテンツはかなり少なめです(´・ω・)

 

例えば生活系のコンテンツでも

各プレイヤーで集めたり作ったアイテムは個別に管理され

個人間でのトレードはできず取引所という市場を介しての取引になります。

なので一緒に船等の乗り物を作ったりお金を稼ぐという場面が非常に少ないです。

 

そこで今回は黒い砂漠の中でも数少ない

フレンドとできることについて実際にプレイしてきた内容をご紹介します(`・ω・)

 

キャラクターの強さに影響するコンテンツ

「記憶の破片」を集めるための召喚書回し

■必要人数:2~5人

■可能な時期の目安:2日~

■必要なもの:各召喚書の敵を倒せる装備

 

黒い砂漠の装備強化で後々膨大な数が必要となるアイテムがあります。

それがこの記憶の破片です。

 

記憶の破片はボス装備と言われる単価の高い武器や防具を強化するために使います。

 

装備の強化は失敗すると最大耐久度が減り、無くなると強化ができなくなります。

そこで記憶の破片を使って最大耐久度を回復させる必要が出てくるので、

強化のネックになりやすいアイテムです。

※ちなみに武器・防具は強化に失敗しても消滅しないやさしい仕様です

 

記憶の破片を効率良く集めるには

召喚書というアイテムを使って出現するボスを倒す必要があります。

 

下記3種のいずれかを5枚集めると、それぞれ種類に応じた召喚書を作ることができます。

下に行くほどボスが強くなります。

x5個(釣りやカルフェオン南西での狩り)

x5冊(メディア地方での狩り)

x5枚(バレンシア地方での狩り)

 

召喚書は召喚した人が最も多く記憶の破片を入手できますが、

同じPTのメンバーも少量入手する事ができます(`・ω・)

(召喚者は2回で10枚前後、メンバーは2回で1枚前後)

 

自力で召喚書をたくさん集める事が難しく、

ボスを倒すのに時間がかかる50lv~56lv付近は

フレンドと一緒に持ち寄って消化すると楽に倒すことができます。

さらに少し多く記憶の破片を集める事ができるのでフレンドと一緒に回すとお得です(´ω`)

 

※なお、上位の狩場で狩りができるようになると一人で消化することになります。

(PTメンバーとして参加するなら自分で狩りをした方が多く集められるので)

60枚を消化すると2時間以上かかります(´・ω・)

 

お金が稼げる狩猟ボス「カルク」「オオクジラ」討伐

オオクジラ討伐後

■必要人数:2~5人

■可能な時期の目安:10日~

■必要なもの:狩猟用の猟銃等

 

カルクやクジラはPTで行う狩猟コンテンツです。

武器や防具等の装備は使わずに、猟銃を使って倒します。

 

カルク討伐中

フレンドと一緒にやるメリットは湧き情報を共有できる点です。

 

カルク、オオクジラはそれぞれchごとに湧くので

違うchで遊んでいればボスを見つけた時に呼びかけて一緒に倒すことができます。

報酬もおいしいので興味があれば是非参加してみましょう(`・ω・)

 

カルク・オオクジラについて必要な物などはコチラをどうぞ

ややマイナーなバレノスクジラ狩猟金策
今回はバレクジ狩猟金策についてです。 万人向けの金策ではないとどんごは思います。 普段からバレクジ狩猟している知り合いがいないと参加しにくいので(´-ω-) 1.どれくらい稼げる? 連続して5匹程討伐できた場合,1時...
カルク狩猟金策について
今回はカルクを狩猟する金策についてです。 1.どれくらい稼げる? 10~30分くらいで5M~25Mくらい稼げます。 店売りのナイフで剥ぎ取っていますが、 魔力の込められた屠殺用ナイフを使えばよりレアが出やすいです。 ...

 

 

経験値を稼ぐ上位狩場「ミルの木遺跡」へ行く

■必要人数:2~5人

■可能な時期の目安:2か月~

■必要なもの:LV60以上、補助武器がクツムで攻撃力230以上、防御力290以上のキャラクター

 

執筆現在(2019/03)最も経験値が稼げる狩りになります。

お金についても一人の狩りと同等以上稼ぐことができるので、

エンドコンテンツを楽しむユーザーでも頻繁に集まって狩りを行っています。

 

欠点としては強力な装備を整える必要がある事です。

敵は非常に強いので攻撃力だけでなく防御力も必要になります(゚Д゚)

 

ギルドに所属すれば野良PTよりも参加しやすいので、

早く強くなりたい場合は大きいギルドに入ると良いでしょう(´ω`)

 

キャラクターの強さにあまり影響しないコンテンツ

まだ見ぬ景色を求め「未開拓エリアの旅」

旅の途中

■必要人数:2人~

■可能な時期の目安:プレイ開始後すぐ

■必要なもの:好奇心

個人的に一番好きな遊び方だったりします(‘v’)

黒い砂漠はマップがとても広く

プレイ開始から1日中走り回っても未開拓エリアが残るほどです。

 

小休止

まだ行ったことのないエリアに行くと行動力というポイントの最大値が増えていくので

黒い砂漠の世界を味わいたい人はフレンドと旅をするという遊び方もおすすめです(´ω`)

 

(物理的に)何人でも乗れる「いかだ」

二人乗りのできる馬や、何人かで乗れる船もあるので

ぜひ同じ乗り物にのって旅をしましょう。

 

二人乗りできる馬

※この後崖から落下した衝撃で馬がお亡くなりになりました。

 

「自由決闘場」でPvPの練習をする

■必要人数:2人~

■可能な時期の目安:プレイ開始後すぐに

■必要なもの:特になし

一番フレンドと遊んでるコンテンツです(`・ω・)

黒い砂漠には「自由決闘場」というPvPの練習ができるフィールドがあります。

 

ここでフレンドと戦って強いコンボを考えたり更新した装備の強さを確かめたりします。

フレンドとであれば気兼ねなく練習ができるので、PvPコンテンツに触れ始めた人におすすめです。

 

「アルシャch」でPvPを楽しむ

■必要人数:2人~

■可能な時期の目安:2か月~

■必要なもの:LV60以上、補助武器がヌーベルで攻撃力250以上、防御力290以上のキャラクター

 

アルシャchとはモンスターからのアイテムドロップ率が他のchよりも高く、

PKした際のペナルティが無いカジュアルなPvPが楽しめるチャンネルです。

 

上位の狩場になると黒い砂漠の廃人達がわんさといるので、

フレンドと共にPvPの練習をすることができます。

 

相手によっては味方が5人いても1人で制圧されてしまう場合も・・・(゚Д゚)

強豪が多いのでなかなか楽しい駆け引きを味わうことができます。

 

共に「拠点戦/占領戦」で戦う

■必要人数:2人~

■可能な時期の目安:2か月~

■必要なもの:LV60以上、補助武器がヌーベルで攻撃力250以上、防御力290以上のキャラクター

拠点戦/占領戦はギルドvsギルドのPvPコンテンツです。

 

ある程度の装備とプレイスキルが必要になりますが、

フレンドと共に戦場で戦うときの共闘感は狩りよりも刺激的で魅力があります(`・ω・)

敵を倒した数なども集計されるので終了後にスコアを競うこともできます。

 

初心者も参加しやすいように小規模のギルドが戦う拠点戦では

ステータスに制限が設けられたのでPvPが好きな人はフレンドと一緒に戦ってみましょう(゚Д゚)

 

「ギルド」を作って活動する

■必要人数:5人~

■可能な時期の目安:2日~

■必要なもの:活動率の高いメンバー

 

黒い砂漠はフレンドと遊べるコンテンツは少な目ですが、

ギルド単位で遊べるコンテンツは豊富にあります。

 

欠点としてはある程度の人数がいないとギルドの活動がままならない点です。

身内だけで構成したい場合は最低でも5人は必要になると思います。

 

しかし前述の拠点戦もそうですが、ギルドを作ることで遊べるコンテンツは大幅に広がります。

 

・みんなで使える大型の船や拠点戦で使える象の制作

・ギルド資金を消費してみんなでボスを討伐するギルドレイド

・みんなで消化していくギルドミッションやギルドスキルポイント稼ぎ等々

 

協力プレイと呼べるようなコンテンツが盛りだくさんです(´ω`)

身内でチャットができる場所にもなるのでおすすめです。

 

大洋で釣りしたらうまい説検証イベント

さらに活動率の高いメンバーがいれば

イベントを企画することで楽しい時間が過ごせるでしょう(`・ω・)

 

帰島した彼らは苦渋に満ちた表情だったという・・・

過ごせるでしょう・・・(´-ω-)

 

まとめ

振り返ってみるとフレンドと一緒に遊んだ時間よりも

一人で遊んでいる時間の方が多かったような気もします(゚Д゚)…

 

パーティプレイ重視の遊び方をしたい人にとっては

物足りないと感じるかもしれません(´-ω-)

 

でも最近になってお金を稼いだりダンジョンを周回する為に

フレンドがいなくても良い環境が悪くはないと感じるようになりました。

(タンク役のアイツがいないからおいしいダンジョンに行けない等)

 

なぜならそこに時間の制限が生まれないので気楽にプレイできるからです。

フレンドがいれば一緒にやりたいことをやって、

いなければ一人でまったりプレイできるので(´ω`)

 

人によって好みがあると思いますが、

興味を持った方は是非遊んでみて下さい(`・ω・)ゝ

コメント